ULTRA POWER PLAY

週末で行けるパワープレイ!海外旅行の限界に挑戦します

ひこ~き(oneworld) 欧州ネタ

会社を休まない!パワー欧州3 カタール航空で行くイタリアローマ0泊4日の旅

カタール航空でパワー欧州!その2

前回紹介したパワーバルセロナですが、滞在時間が短くあまりにも・・・。ということで、カタール航空リベンジ。今度はイタリアはローマに行ってみよう!

カタール航空は行先にもよりますが、復路で通常の任意の欧州都市>ドーハ>東京のみならず、任意の欧州都市>ドーハ>香港>東京と予約クラス次第ではこのようなアレンジも可能。香港>東京間はコードシェア便でキャセイパシフィック航空のCX524の深夜便。香港を深夜1時過ぎに出発し、早朝6時過ぎに成田に到着というオプションもある訳です。このCX524便というのが欧州での滞在時間を延ばすことに大きく寄与します。欧州都市に昼前後に到着し、即折り返しではなくドーハ行きの夜便があることが前提にはなるのですが、週末に会社を休まずとはいえ、せっかく欧州行くならいくら。と考えると実際にやれ!と言われたら、私はこの旅程を選択すると思います。

旅程と料金イメージ

行先はイタリアのローマ。任意の金曜日夜に成田発、月曜日の早朝に成田着のプラン。

 ・往路出発地(発時間):NRT(22:20)金曜日
 ・往路到着地(着時間):FCO(12:40)土曜日
 ・復路出発地(発時間):FCO(22:10)土曜日(HKG経由)
 ・復路到着地(着時間):NRT(06:15)月曜日
 ・現地推定滞在時間  :約8時間!

qr21qr22qr23

こちらも当然カタール航空のHPで発券可能。頑張れば約4時間ある香港でのトランジットの間に夜景を見に行くぐらいは出来ます。ワンワールドサファイア以上のステータスがあれば、香港のラウンジでシャワーでも浴びて長めのトランジットってのもアリですね。

現地で出来ること~ローマ編

・現地推定滞在時間:約8時間

 ①ローマ観光→見どころ満載!
 ②ピッツェリアでひと休み
 ③せっかくなのでお買い物!

私は過去に一応ローマに行ったことがあるものの、レオナルドエクスプレス→フレッチャロッサでナポリに行ったため、空港とテルミニ駅しか知りません。でも、全ての道はローマに続くと言いますし、きっとローマは楽しい街なんだと思います。如何せん観光したことがないので、是非一度攻めてみたいとは思います。③のお買いものについてはローマ近郊のアウトレットで鬼買いすれば、航空券分がペイできたりするかもしれません。

マイル積算について

カタール航空。当たり前の話しではありますが、この手の安い航空券は自社この場合はカタールにはそれなりにマイルや上級会員になるためのポイントが積算され、関連他社への積算は絶望的という状況。

ということで、ワンワールドの他社には触れず、カタール航空にマイル積算を行う場合をご紹介。下記で触れるVクラスの場合はドーハ経由の単純往復が90QPであるのに対して今回のケースでは101QPと、金額ベースではほぼ同額ながらも上級ステータスに必要なQPが微妙に高いといことがポイント。

qr24qr25qr26

カタール航空のゴールドステータス獲得には連続する12か月に300QP以上の積算が必要です。他にもカタール航空を年に4セクター以上乗るみたいなルールもあった気がしますが、カタール航空のFFPであるプリビレッジクラブの場合、他社でのポイント加算が宜しくないので必然的にカタール航空に乗ることになると思います。弾丸である必要はありませんが、連続する12か月に上記を3回やらかせばワンワールドサファイアであるゴールドをゲットできますね。12万円×3回で約36万円程度?

カタール航空の弾丸ポイント2!

カタール航空を利用した際のポイントについては前回同様なのですが、今回のトピックはというと。

<メリット>
・復路を香港経由とすることで現地滞在時間が伸びる。
→ただし、最安値の予約クラスでは予約不可。
・Vクラス以上のQP積算数が微妙に高い。

<デメリット>
・成田着が早朝6時過ぎ。即出社!!金、土、日と3日間ベッドで寝れない・・・。
→体力的にはあまりに過酷。現地のホテルをデイユースで利用したレベル。
それやってしまうと何の意味もないんですけどね。

2回に渡ってカタール航空を利用した欧州弾丸旅行のプランニングをしてみましたが、前回記事を案①、今回の記事を案②とした場合をまとめると・・・

<案①:現地滞在が短いパターン>
・メリット :日曜日の夜に自宅でたっぷり眠れる分翌週への影響が少ない
・デメリット:現地滞在があまりに短すぎる。エコノミー乗って現地で何もしないって・・・。

<案②:>
・メリット :現地滞在時間が0泊の弾丸の割には長い。6~8時間あれば大体何でも出来る!
・デメリット:帰国後即出社!3日間ベッドで寝れず、あまりに過酷。現地でも動くし。

となる訳です。私がトライするなら案②かな。この旅程をこなすためにはランニングをする等、鍛えなおさないと耐えきれない気がするので、事前にトレーニングを行わないとな。。。

-ひこ~き(oneworld), 欧州ネタ