ULTRA POWER PLAY

週末で行けるパワープレイ!海外旅行の限界に挑戦します

ひこ~き(oneworld) 欧州ネタ

会社を休まない!パワー豪州 カンタス航空で行くオーストラリア・メルボルン、3泊4日(現地一泊つき)の旅

2016/10/03

カンタス航空でパワープレイ!

今回の行先はというとオーストラリアはメルボルン行き。豪州行きの良い所は時差がないという点。更に深夜便を効率良く利用と言うことで、何と1泊出来ちゃいます!!前記事から1時間半滞在やら、なんと4時間も街で遊べます!などとふざけた提案をしてみましたが、今回は会社を休まずに1泊出来てしまうという驚きのプランです。

旅程と料金イメージ

行先はオーストラリアのメルボルン。金曜日夜に羽田発、月曜日の早朝に羽田着のプラン。

 ・往路出発地(発時間):HND(22:00)金曜日
 ・往路到着地(着時間):MEL(12:05)土曜日
 ・復路出発地(発時間):MEL(18:30)日曜日
 ・復路到着地(着時間):HND(05:30)月曜日
 ・現地推定滞在時間  :約25時間(祝!地上で1泊!)

qf1

qf2

カンタス航空は成田発豪州行を利用することで、時差と飛行時間帯の良さも手伝って、比較的この手のパワープレイがしやすいことが特徴。今回は少し値段は高いものの、週末の時間を最大限に行かせる羽田便を利用するストーリー。機材は羽田⇔シドニー間がB747-400(744)、シドニー⇔メルボルン間が737-800(738)となります。

現地で出来ること~メルボルン編

・現地推定滞在時間:約25時間

 すみません。オーストラリアに行ったことないので分かりません・・・。

が、25時間も滞在出来れば何でも出来るでしょう!!

マイル積算について

まずは自社会員から。カンタス航空のFFPにマイルを積算する場合は以下の通り。

qf3

これだけ見ると??なのですが、そもそもカンタス航空は発券までは予約クラスの判別が難しい。方法があるのかもしれませんが、スーパーカンガルーホップの中にも予約クラスが複数存在する。そんな訳でこの旅程で積算されるマイルが良く分かりませんでした。ということで以下の順で予約クラスを調べる。

①エクスペディアで同じ値段の航空券を調査
→ブッキングクラスがMであることが判明。
②上記のカンタスフリークエントフライヤーカテゴリーから
Mクラスはエコノミーにあたることを確認。
③下記のEarning Points & Status Credits Calculatorに当てはめる。

なかなか手間が掛かる。そんな訳で、カンタスに積算する場合は以下の通り。

qf4

この結果が良いのか悪いのか?って話しですが、一応100%加算されるということで、カンタスにマイルを貯めているユーザーからしてみると悪くはないのかなと。カンタスフリークエントフライヤーに積算の場合、別ネタにしますが、カンタスで上級会員を目指す場合、年に4区間はカンタス便への加算が必要ということで、そこらへんの条件を週末にサクッと達成出来るという意味でも悪くはないなと。

なお、ワンワールドの提携他社への積算はと言うと、格安エコノミーではやはり美味しくないという結論。BAエグゼクティブクラブへの加算の場合は往復で申し訳ない程度のAvios+50ティアポイント。悲劇!

qf5

qf6

キャセイパシフィック航空へ加算の場合、アジアマイルの積算は50%。獲得できるクラブ・ポイントはというと40ポイントとこちらも悲劇。

qf7

JALに積算する場合は50%のマイル積算。FOPも50%で約5000FOP程度?なのでしょうか。パッと見美味しいようには見えない。

qf8

カタール航空はというとこちらも渋めでQマイルが50%加算、上級会員に必要となるQポイントは40QPとこちらも悲劇的。

qf9

qf10

ちなみにスクリーンショットはありませんが、期待のAA加算についても50%でした。言うまでもありませんが、格安エコノミーは良くて自社FFPに貯めて限りなく100%加算に近ければ御の字ですね。

カンタス航空の弾丸ポイント!

まとめるとこんな感じでしょうか。

<メリット>
 ・現地滞在時間が長い(なんと!1泊出来ます!!)
  →厳密には1泊4日(ホテル1泊、機内泊2日という)
 ・シドニーのカンタスラウンジが良い!らしい・・・。
  →ワンワールドサファイヤ以上を持ってる前提ですが。

<デメリット>
 ・ちょいと値が張る。
  →成田発着だともう少し安いですが、出発時間が少し早くなる。
 ・オーストラリアのイミグレが少しウザいかも。

カンタスで修行していればメリットありあり。1泊出来るという意味では滞在時間視点では欧州弾丸比で無駄が少ない感じはしますが、値段も上がるのでどうかなと言ったところ。豪州は時差が少ないということ時差ボケなくていいね!と思うかもしれませんが、どこに行こうと弾丸に時差ボケはないです!時差にボケる前に帰国してますから(笑)単純な疲れは出ますが・・・。

-ひこ~き(oneworld), 欧州ネタ