ULTRA POWER PLAY

週末で行けるパワープレイ!海外旅行の限界に挑戦します

Blog運営

行くぞ!復活!パワープレイ!!Blog復活しました

2016/10/03

はじめに

ウルトラです。皆様お久しぶりです!旧ULTRA POWER PLAYは誰にも惜しまれず閉鎖。というのは冗談で流行りに乗ってブログの引っ越しをした次第。しかしながら、移転作業には苦戦中。それは追々作業をするとして、過去ネタは全てこちらに移転させる前提で、新しいブログを行っちゃいます!

近況はと言うと、激務はそこそこに新婚生活も順調。まもなく結婚式!という状況。婚約指輪を買ったり引っ越しのトドメの結婚式と今年は飛ぶ予算がなかった・・・。

そんな訳で再び飛び始めるのは来年から!直近では結婚式のため、グアムまでUAで飛びますが、これは私らしい旅ではなさそうなのでノーカウント。とりあえず、再始動に向けた発券をしたい。

ブログの今後

ウルトラパワープレイ!というぐらいなので、今後も強引な旅を売りにしたいとは考えております。そこで、今後の展望としてはブログの方針は以下の3点。

 ①普通の人が敬遠する短期間の旅行
 ②普通の人が行かない場所への旅行

ここまでだと独身時代にやっとけ!というような内容なので、3点目は以下の通り。

 ③嫁と行くイケイケ旅行

周りのお友達と比べると飛行機の上級クラスや高級ホテルを利用と言った比率が少なかったのですが、単純な激安パワープレイ!だけではなく、良い歳になってきているのも事実なので独身時代に学んだアレコレを嫁にフィードバックをしつつ、たまには優雅に旅行する。そんなところでしょうか。もちろんパワープレイであり続けたいので嫁同伴でも①、②をやらかすこともありますが、この3点を主としてこれからも旅行を続けて行きたいと思います。

まずは再始動に向けて発券計画やFFPの移籍も考えているので、この辺の話しも絡めつつ、徐々にではありますがブログを再始動します。

弾丸旅行に行こー!

まずは短い旅行のお話し。ここ数年、書籍等で弾丸旅行!そんなキーワードを目にすることも増えましたが、実際目にする弾丸旅行は土日に有給を1日付けるだけで実現!的なくだりを目にします。それもそれで弾丸ではあることに間違いはないのですが、私としては少し違うと思っています。そもそも会社休んじゃダメでしょ。。。そして実現性についても考えるところがあって、弾丸旅行にお金掛けます?って話し。日本から東南アジアぐらいまではLCCが台頭もあり、弾丸金額は高校生のバイトでも楽勝レベル。ただ、長距離は・・・?インターネットで検索すると高い料金しか出ないけど・・・とか様々な問題に直面する訳です。

別に弾丸旅行なんて興味がない!と言われてしまうと話しが終わってしまいますが、私は以下3点をポイントに超短期の海外旅行をプランニングしてみようと思います。もちろん、自分で飛ぶために(笑)

 ①有給を使わず
 ②金額は極力安く
 ③誰でも買える

私も過去に何回か強引な旅程を組んで飛んでみたことがあるのですが、正直疲労度は高いし弾丸旅行に何の意味があるんだ?とか。そもそも激安旅行と見せかけて冷静に総額÷旅行時間なんかで計算すると1時間あたりの金額が恐ろしいと思うことがあったりして・・・。極力値段を安くとは言うものの、実際には弾丸視点での安さであり、旅行として考えてしまうと私が推奨する弾丸トラベルはコストメリットが少ない、大損の部類であるのであることをまず初めにお伝えしておきます。そんな訳でデメリットの話しをしてしまいましたが、一応弾丸旅行のメリットとデメリットを。

<メリット>
 ・人とは違う経験が出来る!
 ・短期間で上級FFPを目指せる!

<デメリット>
 ・繰り返す!コスパは悪い
 ・疲労度が高い
・イミグレで揉める可能性がある

 ・理解者が少ない&変態認定(笑)

ということで、基本は割高&疲れる!が弾丸旅行の基本となるのですが、例えば期間面でミニマムを知っておけばさ、期間を伸ばすのは簡単じゃないですか!!という見方も出来なくもない。しつこくてアレですが、とにかくコスパは非常に悪い遊びです。それでも人と違う経験をしたい方、マイル修行者の方々にはメリットがあるので、ご興味がある方は是非。それはそうと時間と金額という視点だと今後は1回の旅行における時間単価って視点も結構面白いかもですね。

私のとある過去事例

これは入国していないケースなので厳密には弾丸旅行ではないですが、コロンボタッチなる儀式の場合、総額約13万円で約36時間の旅。1時間当たりの旅単価は約3,610円/時間。ある週末に普通に土日を過ごしたとして1時間に3,610円使いますか?って話し。

知らない方のためにコロンボタッチを説明しておくと、目的地は南アジアのスリランカにあるコロンボという都市。そこに土日で行くというものでした。なお、ホテルの宿泊はなしで機内泊となります。スリランカと言っても位置的にはインドの下であり、日本との時差はマイナス3.5時間。距離は片道8,000km程度でしょうか。ちなみにタッチとは入国をしないからタッチ・・・。任意の土曜日の午前出国で羽田>香港>シンガポール>コロンボ>シンガポール>香港>羽田と飛行機を6本にほぼ連続乗り続けて日曜の夜に帰国という・・・。全線ビジネスクラスを用いた旅程とは言え、ただただ飛行機に乗りまくるというものでした。

では再開!

まずは先ほどの記載の通り、再始動に向けた発券計画というか発券ネタやFFPの移籍なんかの話しからULTRA POWER PLAYを再開します。上記だけを見るとデメリット90%という感じですが、強引な旅行の先に何が見えるのか・・・。これを見て弾丸旅行者が増えるかどうかがカギですね。

-Blog運営